西野 智紀のMOVEMENT(ムーブメント)は本当に1日5万円稼げるのか?リスクはないの?

西野 智紀のMOVEMENT(ムーブメント)はどうして投資なのに稼げるビジネスとして成立するのか

西野 智紀という人が提供するMOVEMENT(ムーブメント)というネットビジネスがあります。

ホームページの紹介によると、1日たった3分で5万円稼げるということです。

副業として利用する人が多いネットビジネスとしては破格の金額です。

西野 智紀のMOVEMENT(ムーブメント)ではスマホで金融投資を繰り返し、軍資金をどんどん増やしていくものとなります。

金融投資ですから、100%利益が確定するということはありません。

その性質上、どういう手法を取ろうと、リスクを完全に回避する手段というものはないでしょう。

それでもホームページでは5万円稼いだ人の銀行口座などが一部紹介されており、嘘ではないことが証明されています。

ではこの西野 智紀のMOVEMENT(ムーブメント)がいかにして金融投資という流動的なビジネスで5万円もの利益を稼ぎ出すのでしょうか。

そしてリスクヘッジとして何かしらの対策は取られているのでしょうか。

きっと何かしら、興味深い秘密があるはずです。

西野 智紀のMOVEMENT(ムーヴメント)は人工知能・AIのパワーによって稼げるビジネスになった

「人工知能(以下AI)」という言葉は、皆さん一度は耳にしたことがあるかと思います。

その定義は人によってバラバラだったりしますが、一般には人間のような知能をもったコンピュータのことをいいます。

最近では、コンピュータが多彩なデータから自ら学習するディープラーニングという手法も取り入れられ、その発展具合は目覚ましいものがあります。

2045年にはAIが人間の知能を超えるという説(シンギュラリティ)もあるほどです。

西野 智紀のMOVEMENT(ムーヴメント)には、その最新鋭のAIが取り入れられているようです。

AIと投資は、相性がいいと個人的には感じます。

投資で稼げるようになるためには、とにかく莫大なデータ分析が必須です。

そのデータを読み切り、将来的な予測を立てて取引を行っていくものであり、投資アナリストと呼ばれる国際資格も存在します。

それをAIが請け負っていくのは、自然の摂理なのかもしれません。

西野 智紀のMOVEMENT(ムーヴメント)は3年間のモニター実績があり、それを経て2020年にオープンしたということです。

AIが長期間使われること、その機能の向上が相まることで、情報の確度はさらに高くなると思われます。

それがリスクの低減、ということに繋がるのではないでしょうか。

既にAIを使った投資ビジネスは存在し、今後も後追いでどんどん出てくると思います。

その中でどのビジネスを選択するかとなったとき、実績があるものがやはり安心です。

西野 智紀のMOVEMENT(ムーヴメント)がしっかり稼げるビジネスとして成立しているのは、先見の明と技術力が備わっているからではないでしょうか。

西野 智紀のMOVEMENT(ムーヴメント)は人と会わずに稼げるコロナ禍に最適ではないか

日本人はなぜか「楽をして稼ぐ」ことを忌み嫌う傾向があるように思います。

汗水流して稼いだお金が綺麗なものだ、という思い込みを持つ人も多いと思います。

ただ、副業に関しては楽をして稼げる仕事のほうが絶対にいいです。

副業はその名前の通り、副としてあるものですから、副業が他のものを邪魔するようではいけないわけです。

その上で、きっちり稼げる仕事であればより良い、というわけです。

西野 智紀のMOVEMENT(ムーヴメント)にはその要素が多く存在していると思います。

たった3分の仕事が生活リズムを崩すほどのボリュームとは考えにくいですし、それでいて5万円稼げるとなると理想的な副業と言っていいと思います。

そして西野 智紀のMOVEMENT(ムーヴメント)はスマホで操作するものですから、自宅作業ができることも、人と会うこと自体がリスクになっている今のご時世には安心材料です。
汗水たらして稼ぐことを選ぶ人はそれでも構わないと思いますが、人と会うリスクというものは他人を巻き込むものです。

今のコロナの状況も、いつまで続くか不透明です。

そういった世界だからこそ、西野 智紀のMOVEMENT(ムーヴメント)は稼げるのに労力が少なくて済むビジネスとして立派に成立するのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です